一般職試験とは、2012年度から登場した国家公務員(雇用形態には、常勤と非常勤があります)採用試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)の事をいいます。公務員(国家公務員、地方公務員、国際公務員などがあります)採用試験の国家T種、国家U種、国家V種の区分が廃止され、代わりに総合職、一般職、専門職、経験している方採用の枠組みを作る事に。新制度では、国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)T種が総合試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)になり、国家試験U種と国家試験V種が一般職試験に再編されました。また、現行の国税専門官採用試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)などは専門職試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)として実施され、中途採用(前職の経験を活かすことは大切ですが、その会社に合わせる努力も大切でしょうね)向けの経験者採用試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)も創設されているのです。これらの再編によって、東大中心の国家T種を改善し、いろいろな人材を受けいれていく方針に転換されるのです。ところで、一般職試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)だからといって、これは事務処理能力があるかどうかを見る試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)で、試験の種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)は「大卒程度試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)」と「高卒(全日制の課程の他に、定時制や通信制などで修了することができるでしょう)者試験」に分かれます。大卒程度試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)は、従来の国家U種と同レベルの難易度と予想され、試験は教養試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)、専門試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)、論文試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)、面接が行われるでしょう。教養試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)は、基礎能力試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)となり、知能分野の比重が増します。行政区分の専門試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)は、従来の国家U種と同様、科目選択制です。高卒(高卒以下という受験資格の場合、大卒以上の人は受けられません)者試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)は、国家V種と同じくらいの難易度と予想され、事務区分では、基礎能力試験、適正試験、作文試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)、人物試験が行われて、そのほかの区分では、基礎能力試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)、専門試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)、人物試験が行われるのです。一般職試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです)に合格した人は、国家公務員(日本の行政機関や特定独立行政法人に勤務する人、国家公務員法が適用される公務員を指します)のですよ。国家公務員(雇用形態には、常勤と非常勤があります)とは国や政府が雇用している職員のことで、国や政府の根幹を支える仕事を行います。国家公務員(内閣総理大臣や自衛隊員、裁判所職員などは、特別職になります)は、民間の大手企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)並み、もしくは、大手企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)以上の福利厚生(中には、個性的な制度や設備を備えている企業もあります)をうけることができるはずです。それに、男女差がないので、特に女性にとっては働きやすい職業といえると思いますー